FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

南京大虐殺記念館に日本製エアコン設置、怒ったネットユーザーが檄文を発表

 20日付レコードチャイナは、「南京大虐殺記念館が日本製エアコン設置!ネットに「全ての愛国者は怒っている」―中国」という記事を掲載しています。
 「2009年6月、江蘇省南京市の南京大虐殺記念館に日本製エアコンが使われていることが報じられた。ネット掲示板には同問題を批判する書き込みが登場、多くのアクセスを集めている」という概要なのですが、ここで触れられているネット掲示板の書き込みが大変面白いので紹介します。

 読みやすさと原文の面白さを両立させようと頑張りましたが、翻訳に不備があったらご指摘ください。また「長すぎ!」という方は太字部分だけでも目を通していただければ、と。


 なぜだろうか、南京大虐殺記念館のエアコンは塗料で塗られて同じような外観をしている。明らかになんらかの意図があるのだ!注意深くなければ気づかないが、建物の最上階に登ってみればエアコンにはMADE IN JAPANと刻まれているのが見える。日本人に殺された無辜の魂はすでに十分侮辱を受けたはずなのに、死してなお日本のエアコンの風にあたるという屈辱を負わねばならないのか????!!!!!!!中国人は死に絶えておらず、中国企業はまだ存在する。なぜ日本企業の傍若無人な振る舞いを許すのか???!!!中国人は目覚めるべき時ではないのか???!!!!

 ダイキン、東芝、パナソニック、これらの企業はいずれも軍需企業である。彼らはこっそりとその身分を隠しているため、中国人の多くは普段使っている日本製品が軍需企業によって作られたことを知らない!日本は好き勝手に軍需企業を発展させており、日本が承諾した平和憲法に完全に背いている!しかし米国の認可と中韓ら周辺諸国が軽視しているなか、日本の自衛隊は世界第2位の力量を身に着けるにいたっている!日本家電を使っている中国人も(日本の軍備に)加担しているのだ!ゆえに南京大虐殺記念館に日本の軍需企業製のエアコンが使われていることも決して不思議ではない。

 もう一つ例を挙げよう。日本が生産しているインバーターエアコン。新技術といってごまかし省エネだと宣伝しており、今や中国市場では大々的に販売し我が国の家電市場を蚕食している。その意図は計り知れない!知っておくべきはインバーターエアコンは決して一般家庭のふさわしいものではないという点だ。その使用条件はきわめて厳格で、密閉された空間、室内温度と室外温度の差があまり大きくないこと、6時間以上連続しようすること、この三点を満たして初めて節電効果がある。しかし!この三条件を満たすような一般家庭などありはしない。6時間連続運転という条件だけを見てもおかしなことは明白だ!こうした罠は賢い人間ならばすぐに見抜くものである!!しかし許せないのは日本企業の「インバーターエアコン=節電」という宣伝を消費者が盲信していること。現在、日本製インバーターエアコンの成功は中国市場を混乱させており、さらに多くの中国エアコンメーカーまでもインバーターエアコンの節電について宣伝するようになっている。

 われわれに必要なのが民族の気概だ!民族の産業だ!自らの民族家電を使わなければならないのだ!われわれは民族企業に向け高らかに賛歌を歌いその指揮を鼓舞せねばならない!中国民族企業には以前さまざまな問題があった。それは否定できない!しかし長年にわたる努力の末、民族企業、特に家電産業の技術面、品質面、そしてサービス面は日本企業との大きく縮め、一部では追いついている!ここで昨年、四川大地震の被害を受けた綿陽市のある企業を例に上げよう(わたしは成都出身で、よく知っている企業を例にしたほうが説得力があるだろう)。四川出身者ならみんな知っているだろうが、長虹はかつて戦闘機搭載用レーダーを作っている企業だった。後に多くの軍需企業と合併し、改革開放以後に長虹は武器、国防装備を研究開発を強化(宇宙船「神舟6号」プロジェクトの多くの関連設備は長虹の協力により完成した。宇宙飛行士・費俊竜と聶海勝が来ていた宇宙服も長虹製である)、さらにその軍需企業で培った研究開発能力を基礎に民間産業にも参入し、われわれがよく知るカラーテレビ、エアコン、冷蔵庫等等等等を作ったのだ(最近、国家の「省エネ製品恵民プロジェクト」に認定された長虹三高効エアコン、その設計は軍需企業の空気動力研究の成果を採用している)。こうして軍需、民用の互いの優位を組み合わせて、強大な中国の軍需工業企業へと発展した。

 総括しよう!すべての良心ある中国人よ、われわれは団結しなければならない!日本の軍需企業製品をボイコットしよう!!!!!自国製品を、われわれの民族企業を支持しよう!!!!

 翻訳はここまで。

 ダイキンって軍需企業?インバーターエアコンの説明おかしくない?とかいろいろツッコミたいところはあるのですが、日本への怒りというよりも、南京大虐殺記念館にかこつけて海外ブランドを盲信する中国の消費者を批判しているという印象です。

 19日付レコードチャイナの記事「自称「100%輸入原料使用の外資系粉ミルクメーカー」、ウソがばれて謝罪文―中国」でも国産ブランドより海外ブランドを信用している中国消費者について触れていますが、「愛国者」が思わず嘆いてしまうほどこうした風潮は強固なものと言えるでしょう。

 同問題を伝えるサーチナの記事では90%を超えるネットユーザーが南京大虐殺記念館への日本製エアコン設置に反対していると報じていますが、実際にはこうしたネットユーザーが日本製のデジカメを持っていたりということはありそうなこと。山谷剛史の『新しい中国人 ネットで団結する若者たち (ソフトバンク新書)』はそうした中国人の姿を克明に描いています。

 まあ、こうした現象は中国特有のものではないと考えています。北田暁大の『嗤う日本の「ナショナリズム」 (NHKブックス)』の「ネタ/ベタ」論理の延長でとらえられると考えていますが、長くなりましたのでその話は別の機会に。



人気ブログランキング   にほんブログ村 海外生活ブログへ

↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑
投票よろしくお願いいたします。

テーマ : 海外ニュース
ジャンル : ニュース

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

中国人 「日本のダイキンのエアコン凄すぎワロタ」

1 :ユキヒョウ(埼玉県):2012/06/13(水) 22:18:20.23 ID:Pcz9NzAtP ?PLT(12000) ポイント特典中国の掲示板サイト虎撲の掲示板に「日本のダイキンは本当にエアコンの王者なのか?」というスレッドが立てられ、...

コメントの投稿

非公開コメント

No title

はじめまして。
ダイキンは軍需企業であるかですが、前に大砲の弾を作っていると聞いたことがあったので、この機会にしっかりと調べてみました。
http://www.daikin.co.jp/company/jigyou/tokki.html
このように特機部門があり軍事関係のものもいくつか手掛けているようです。

インバーターエアコンの使い方に関してですが大雑把にいうと記事の通りです。
しかし密閉空間は家庭やオフィスでエアコンを使用するときは当たり前であり、室内外の温度差は冷房時10度以下であれば気にすることはありません。
連続使用時間ですがインバーターエアコンというのは、電源を入れ設定温度に達するまでは120%の力で動き、一度設定温度に達するとその温度を維持するためだけの力(気温、設定温度等の条件にもよりますが30~50%ぐらい)で動きます。
よって連続運転しなければインバータの意味が無いというのは間違ってはいませんが、6時間も連続でというのは少し疑問が残ります。

説明をかなりはしょってますので分かり辛くて申し訳ありません。

No title

 コメントありがとうございます。勉強になりました。

 インバーターエアコンは「暑い時は全力運転するので、通常のエアコンと変わりはない」ということですよね?家に帰って使用、涼しくなったら切るという使い方にはマッチしないということでしょうが、「檄文」の大仰な書き方が面白く思いました。

pandora jewels

これは、メモリを忘れることはありませんhttp://www.panbeadssales.com/
プロフィール

chinanews

Author:chinanews
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
Twitter
    follow me on Twitter
    検索フォーム
    リンク
    あわせて読みたい
    あわせて読みたいブログパーツ
    RSSリンクの表示
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。