FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

安貞桓が大分トリニータに移籍か?中国クラブは残留求める

 現在、1勝11敗1分と最下位独走中のJリーグ・大分トリニータ。最大の問題はFW陣を中心にけが人が続出していることですが、スポーツ報知が元韓国代表にして、Jリーグでも活躍した安貞桓選手を獲得する見込みだと報じています

 安貞桓選手は2002年から4シーズン、Jリーグの清水エスパルス、横浜Fマリノスで活躍、計30ゴールをあげています。その後はフランスのメス、ドイツのデュースブルクとわたり歩きましたが、結果が残せず2007年にKリーグ復帰。しかし試合にすらなかなか出られない状態でした。

 長い低迷を続けてきた安貞桓選手ですが、今年、中国スーパーリーグの名門・大連実徳に移籍。6月までのわずか3か月間という「お試し」的な短期契約という屈辱的な扱いでしたが、現在10試合で4ゴール(PK1を含む)というまずまずの好成績あげています。

 スポーツ報知は移籍金不要、年俸1500万円の安さで実績十分のストライカーを獲得できると報じていますが、中国メディアではどう伝えられているのでしょうか?

 中国の各メディアはスポーツ報知、朝鮮日報などの記事を引用、Jリーグ移籍の可能性が高いことを認めています。ただし短期契約で結果を残した安貞桓選手には大連が年30万ドル(約2900万円)でオファーしているとのことで、金銭的には大分は不利にたたされています。

 ただしJリーグは多くの韓国人選手が活躍する「韓国人天国」であること、本ブログでも5月14日付のエントリーで紹介しましたが、中国人選手に「イヌ野郎」と罵倒され安選手が激高する事件があったことから、金銭的には低くともJリーグに移籍するのではと予測しているようです。

テーマ : 海外ニュース
ジャンル : ニュース

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

chinanews

Author:chinanews
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
Twitter
    follow me on Twitter
    検索フォーム
    リンク
    あわせて読みたい
    あわせて読みたいブログパーツ
    RSSリンクの表示
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。