FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

汚職大国・中国ならでは!「反汚職修士」養成へ

2010年9月21日、中国人民大学で新たな大学院課程の開設式典が行われた。なんと汚職官僚を摘発するための専門家を養成するコースだという。23日、長江日報が伝えた。

新課程教師陣のサブリーダーを務める中国人民大学刑事法律科学研究センター副主任の何家弘教授は、「反汚職修士」は俗称で、正確には「職務犯罪捜査専門の修士大学院生」が正式な呼び名だという。職務犯罪とは汚職を意味する用語。

大学初の汚職捜査専門コースだが、具体的な教育内容などについてはまだ未定。今後2週間以内に決定されるという。以前には、検察学、汚職犯罪捜査学、汚職犯罪捜査証拠学などの授業が設置されると報じられていた。

またウソ発見器など専門機器の講習もあるという。特殊な汚職犯罪の捜査では、「人的証拠」を得るかがカギを握る。相手の表情を観察し、その心理を推測することが重要だという。そのためにウソを見抜く技術に教育の重点が置かれる。

Kinbricks Now:汚職大国・中国ならでは!「反汚職修士」養成へ

移転しました。続きは上記ブログで。いずれ完全移転する予定ですので、ブックマークしていただいている方は、「Kinbricks Now」に変更していただければ幸いです。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

chinanews

Author:chinanews
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
Twitter
    follow me on Twitter
    検索フォーム
    リンク
    あわせて読みたい
    あわせて読みたいブログパーツ
    RSSリンクの表示
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。