FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中国GDPが急減速!景気回復はウソ?ホント?

中国成長率、6・1%に減速=92年以降で最低、金融危機響く-第1四半期

 4月16日、中国国家統計局の発表。第1四半期のGDPが前年同期比6.1%。昨年の第2四半期から10.1%、9.0%、6.8%と右肩下がりに。輸出入額もマイナス24.9%。消費者物価指数(CPI)、生産者物価指数(PPI)もマイナス成長でデフレ傾向もまざまざ。

 しかし国家統計局は「国内経済は減速圧力に直面している」とエクスキューズをいれつつも、「成長は予想を上回った」とのコメント。中国メディアの論調も「长虽乏力 趋势定向上(成長力は乏しいが、上向きに)」といった当局コメントに沿った内容。これが大本営発表じゃないといいのですが。

 こうなると問題は第2四半期。ここでも立ち直れないと、政府公約の「保8(8%成長維持)」が厳しくなります。8%を割り込むと雇用が減少し、社会秩序の維持ができなくなるとまことしやかに言われています。実際にはどうなのかわかりませんが、昨年末からタクシー運転手のストライキなどが相次ぎ、きな臭い雰囲気であるのは確か。しかもCPIが下がっているとはいえ、食品価格は上昇と貧乏人の懐を直撃しているのも嫌な感じです。

 日本のお得意様でもある中国だけにウソでもいいから、V字回復を決めてもらいたいところですが。。。はてさて。

テーマ : 海外ニュース
ジャンル : ニュース

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

chinanews

Author:chinanews
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
Twitter
    follow me on Twitter
    検索フォーム
    リンク
    あわせて読みたい
    あわせて読みたいブログパーツ
    RSSリンクの表示
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。