FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

寅年のマストアイテムは「トラ犬」?!またまた登場の中国式ペット虐待

トラ犬

トラ犬

今年は寅年。というわけで、中国では縁起物のトラグッズが大はやりだ。街中にあふれるトラグッズにはやり過ぎ感も漂うが、お祭り気分を大事にする中国ならではと言えるかもしれない。しかし、その中にはちょっといただけないものもある。

問題の「グッズ」は、「トラ犬(中国語では虎皮狗)」。トラのような黒い縞が入った子犬が中国各地で販売されているもようだ。2010年1月7日付チャイナフォトプレスに掲載された記事には売り子の説明が紹介されている。なんでも「トラ犬」はベトナムから輸入された新品種で大変に貴重なもの。本物かと疑う客には「縞は生まれつきのもので、染めたわけではない。ウソだと思うなら洗ってみなさい」と強弁しているという。

もちろん「トラ犬」とやらは真っ赤なウソ。化学物質で毛を染めただけで、数カ月もすれば縞はなくなってしまう。以前、レコードチャイナでは毛を染めて作る「パンダ犬」が流行しているとの記事を掲載したが、全く同じ発想だ。

もちろん日本でもペットの虐待事件は存在する。染料で染めたひよこも売られていた。しかし、中国におけるペットのぞんざいな扱いは想像をはるかに超えたもの。繁華街の街頭で犬や猫が山積みにされ、安値で売られている。買う方も買う方で、まるでおもちゃかなにかと勘違いしているかのように気軽に購入している。知り合いには、中国人の友人からプレゼントとして犬を送られ、途方にくれていた人もいた。

気軽に購入された犬が気軽に捨てられる。そうして増えた野良犬は狂犬病の感染源になるとして殺されていく。ここ数年、中国ではペットブームが続いているが、大富豪が高級車でお犬様を出迎えたとのニュースが報じられる一方で、当局が街中の野良犬を棍棒で殴り殺すといった凄惨な事態も起きている。

救われるのはネット掲示板をのぞくと、中国人ネットユーザーの間にも「トラ犬は虐待だ」と批判する声が上がっていること。ペットの命も大事にする風潮が中国社会にももっと広がって欲しいと願うばかりだ。

人気ブログランキング   にほんブログ村 海外生活ブログへ
↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑
クリックしていただけると更新の励みになります!!

テーマ : 海外ニュース
ジャンル : ニュース

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

【犬しつけ】日本一のカリスマ訓練士藤井聡の犬のしつけDVD

自分の飼っている愛犬に噛まれて、 家族全員、病院行き というショッキングな記事を...

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

chinanews

Author:chinanews
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
Twitter
    follow me on Twitter
    検索フォーム
    リンク
    あわせて読みたい
    あわせて読みたいブログパーツ
    RSSリンクの表示
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。