FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

韓国恐怖症を克服か=32年目の初勝利にファンはお祭り騒ぎ―東アジア選手権

2010年2月10日、サッカー・東アジア選手権の中国代表対韓国代表の一戦が行われた。苦手の韓国相手だけに苦戦が予想されたが、なんと3対0と圧勝。韓国代表相手の初勝利に中国サッカーファンが盛り上がりを見せている。

前節では強豪・日本と引き分けた中国代表。しかし韓国とは32年間、27試合を戦って16敗11分と一度も勝てていない悲惨な成績で、「恐韓症」(韓国恐怖症)とまで言われていた。今回も厳しい戦いが予想されていた中での勝利にファンは驚きの声を上げている。

最近話題のマイクロブログサービス・Twitterから中国人ファンの声を取り上げてみよう。2対0とリードした時点ではまだ信じられないという声が圧倒的。「奇跡にもほどがある。32年間で初めて韓国に勝てる?」「2対0で中国代表がリードなんて、ウソにもほどがある。」「今日、韓国代表と試合しているのは中国代表じゃなくて、中国女子代表なんだよ、きっと」。

突然の変貌ぶりに「今まで弱かったのは中国中央電視台(CCTV)の呪いだったんじゃないか?」(10日付レコードチャイナでも報じられているが、今回、CCTVは異例にも東アジア選手権を放映していない)「海外の敵対勢力が代表をのっとっているのでは」との皮肉も飛び出す始末。

風向きが変わったのは3点目が決まった後だった。書き込みの量も一気に増え、「2010年2月10日、この12年間で初めて、他人に中国代表のファンだと胸を張って言えます」「歴史の新たな1ページだ」など素直に喜ぶファンが多数を占めた。3点目を取った後、運動量が落ちた中国代表は防戦一方、ゴール前で必死に相手ボールを跳ね返す時間が続いた。疲れからか乱暴なファールもやや見られたが、総じてフェアプレーを貫き90分を戦い抜いた。

タイムアップの後、Twitterは勝利を祝う言葉であふれかえった。「中国代表が勝った…Twitterが沸騰した」「代表が勝利。ネットユーザーは有人月飛行成功よりも盛り上がっている」などの書き込みも。大手ポータルサイト・網易は「韓国相手に3対0の勝利、どう思いますか?」とのネットアンケートを実施したが、4つの回答項目はすべて「気持ち良かった」という選択肢で、ネットユーザーもメディアも一緒になってのお祭り騒ぎとなっている。

この時点で中国は1勝1敗と勝ち点4でトップに立った。最終戦は格下の香港相手とあって優勝の可能性が高まっている。11日には日本代表対香港代表の一戦が行われるが、得失点差で優勝が決まるケースが十分に考えられるため、日本代表もゴールラッシュが求められる。

人気ブログランキング   にほんブログ村 海外生活ブログへ
↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑
クリックしていただけると更新の励みになります!!

テーマ : 海外ニュース
ジャンル : ニュース

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

chinanews

Author:chinanews
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
Twitter
    follow me on Twitter
    検索フォーム
    リンク
    あわせて読みたい
    あわせて読みたいブログパーツ
    RSSリンクの表示
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。