FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

<サッカー>天津対北京、中国最凶ダービーでまたも乱闘=スーパーリーグ第27節結果

2009年10月10日、11日、中国スーパーリーグ第27節が開催されました。また14日には延期されていた天津泰達対北京国安(0対0)と重慶力帆対長沙金徳(0対1)の試合も行われています。





前回対戦ではラフプレーにサポーターの乱闘騒ぎとなった北京対天津の一戦(21世紀中国ニュース 「カンフーサッカー」健在なり=「跳び蹴り魔王」の一撃とサポーターの乱闘騒ぎ)。今回も絶対に問題が起きると言われており、当初予定されていた国慶節期間中の開催が延期されたほど危険なムードがただよっていました。

・天津サポーターの横断幕「北京国安のでばがめ野郎」(他の写真はこちら
2009中国スーパーリーグ・天津対北京


もちろん主催者も手をこまねいていたわけではなく、1万人近い警官を動員、北京サポーターは固まらないよう分散して入場させたほか、3万7000人収容のスタジアムに3万人しか入場させないなどの対策を実施したとか。

さて実際はどういうことになったのでしょうか?「激しい戦いも握手で終わった」「試合後は平和的ムード」などと見出しをつけているメディアもありましたが、「レフリーが笛を吹くたびに天津サポーターがレーザーを照射、テレビで見ていても審判の顔が緑に染まるのがわかるほどだった」「北京のコーナーキック時、ピッチに物が投げ入れられ、試合が2分間ストップ」などとあまり“平和的”ではなかったもよう。

さらには試合後にはおきまりの騒動も。北京サポーターを乗せたバスを天津サポーターが取り囲んだとのこと。またバスの外にいた北京サポーターが袋だたきにされ20人が負傷したそうです。

なお14日には重慶力帆対長沙金徳の試合も。最下位ながら4連勝で残留にわずかな望みをつないでいた重慶ですが、現在14位と残留争いのライバル・深圳にホームで0対1の敗北。残留はかなり厳しい情勢となっています。


人気ブログランキング   にほんブログ村 海外生活ブログへ
↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑
クリックしていただけると更新の励みになります!!

テーマ : 海外ニュース
ジャンル : ニュース

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

chinanews

Author:chinanews
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
Twitter
    follow me on Twitter
    検索フォーム
    リンク
    あわせて読みたい
    あわせて読みたいブログパーツ
    RSSリンクの表示
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。