FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

<サッカー>期待の新代表に早くも試練=内弁慶がたたりマレーシア五輪代表と引き分け

2009年8月、サッカー中国代表は東南アジア遠征を敢行しました。格下相手の2連戦でしたが、結果は2引き分け(うち1試合はPK戦で勝利)。期待が高まっていた高洪波監督の新チームは早くも試練に直面しています。

高洪波監督が就任したのは5月4日のこと。初戦となったドイツ代表との試合で1対1の引き分け。続く強豪・イランとの一戦では1対0で勝利し、幸先の良い船出となりました。3戦目となったサウジアラビア戦には1対4と惨敗したものの低迷が続く中国代表にとっては期待の持てる新チームの登場、かと思われました。

その期待が無残に打ち砕かれたのがこの夏の親善試合3連戦です。7月25日、ホームで行われたキルギスタンとの一戦では3対0と勝利したものの、8月12日に行われたアウェーのシンガポール戦では1対1の引き分け(親善試合ですがなぜかPK戦があり一応記録上は勝ったことになっています)。そして15日に行われたアウェーのマレーシア五輪代表との一戦も0対0の引き分けで終わりました。

シンガポールにせよマレーシアにせよ中国代表にとっては格下の相手。ましてやマレーシア戦はA代表ではなく五輪代表との試合です。ところが結果はもちろん試合内容でも同レベルの凡戦を演じることとなってしまいました。

・映画「レッドクリフ」などを使った中国サッカーを風刺するパロディ動画


高監督は中国代表にはフェルナンド・トーレス(スペイン代表のエースストライカー)はいないのだから新たに導入したショートパス戦術を突き詰めるしかないと現行の方針を貫くと強調、ボール支配率では一定の成果があったものの、前に向かう意識が足りなかったと反省点をあげています。

今回の遠征であらためて浮き彫りになったのがアウェーでの弱さ。17日付体壇週報が興味深い記事を掲載しています。なんと中国代表は2005年から27試合のアウェー戦を経験していますが、わずか6勝しかしていないとのこと。相手は北朝鮮、ミャンマー、マレーシア、パキスタン、イエメン、オーストラリア。オーストラリアをのぞく5チームは明らかな格下であり、ホームと比べればアウェーでの弱さがはっきりしていると指摘しています。

体壇週報によればアウェーでの弱さは代表チームに限らず、国内リーグでも共通している点とのこと。その最大の要因は審判であり、いわゆるホームアドバンテージが大きく作用しているそうです。近年、中国代表はホームで国際試合を戦う場合に中国人審判を起用することが多く、明らかにイエローカード、レッドカードに相当するプレーもお目こぼししてもらってきたと批判しています。高監督は長旅の疲れもあったと弁解していますが、AFCチャンピオンズリーグでは日韓のチームは東南アジアで圧勝していると体壇週報は指摘し、厳しく追及しています。

落ちるところまで落ちた感のある中国代表ですが、次の大きな大会は2011年アジアカップ、高監督がじっくりとチーム作りをする時間があると思っていましたが、このままではアジアカップ予選の突破すら不安になる状態。下手をすれば期待された新監督の更迭論が浮上することにもなりかねません。


人気ブログランキング   にほんブログ村 海外生活ブログへ
↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑
クリックしていただけると更新の励みになります!!!

テーマ : 海外ニュース
ジャンル : ニュース

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

chinanews

Author:chinanews
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
Twitter
    follow me on Twitter
    検索フォーム
    リンク
    あわせて読みたい
    あわせて読みたいブログパーツ
    RSSリンクの表示
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。