FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

会社のトイレに住めば部屋代は要らない?!地価高騰はこうして凌げ!

今回のネタは7月3日付都市信報から。

上海総合指数3000ポイント突破とイケイケモードに移行しつつある中国。一時はバブル崩壊かと騒がれた地価も持ち直しているようです。この後の反動はともかく、とりあえずいいことのように思いますが、資産を持ってない貧乏人にとっては迷惑なことばかり。これでは家を買うこともできないじゃないかということで、なんと「トイレを部屋に改装して住もう」と勧めるネット掲示板の書き込みが登場しました。なぜトイレ部屋生活を勧めるのかという趣旨と会社のトイレに住むという女性の写真が掲載されています。

トイレ部屋

趣旨の文章を簡単に訳すと以下のとおり。

年初には不動産価格は曲がり角を迎えたという話でした。国が価格を下げるからわたしたちの生活も安泰だなって。ところがどうでしょう。今じゃ不動産価格は暴騰してます。不動産屋も明日には部屋代を上げると言いかねない。強面の任志強おじさんも気炎を上げ、(地価下落で)ちょっとやる気になったわたしたち一般サラリーマンの住宅購入意欲をくじいてくれます(任志強は不動産ディベロッパーの経営者。土地価格上昇は続くと言い続けている論客)。

まあどうせどうなってもわたしたちには買えないんだから。だったらこの美女のライフスタイルを学ぶのはどうでしょう。つまりトイレ生活。不動産ディベロッパーは繁華街に10坪未満のトイレと部屋が一体化した部屋を作って欲しい!10万元(約140万円)以内なら買いますよ。どうせ寝るだけのスペースがあって、ちょっと休憩できて、トイレで息が詰まるようなことがなければ、それでいいんだから。

翻訳はここまで。

まあさすがの中国でも会社のトイレに住む女性はいなくて、たんなるネタとのこと。むちゃくちゃ笑えるというわけではありませんが、高すぎる不動産価格に困っている一般市民の心情を伝えるものとしてはなかなかいいんじゃないでしょうか。

実際、バカ高い不動産価格への憎しみは相当なもので、「地価が下落に転じる」と報じられた時は、掲示板の書き込み主のように「いいことじゃないの?」という反応も相当ありました。「不動産バブルが弾けたら家が買えるかも」という素朴な感想まであったり。

バブル崩壊先進国に住む日本人としては「失われた10年」辛いですよ、とお伝えしたいところです。


人気ブログランキング   にほんブログ村 海外生活ブログへ

↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑
投票よろしくお願いいたします。

テーマ : 海外ニュース
ジャンル : ニュース

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

chinanews

Author:chinanews
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
Twitter
    follow me on Twitter
    検索フォーム
    リンク
    あわせて読みたい
    あわせて読みたいブログパーツ
    RSSリンクの表示
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。