FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お粗末な「科学技術立国」日本=教育でも中国に負ける日は近い

先日、中国高官が「中国のGDPはすでに日本を抜き、世界第2位となった」と発言し、話題となった。もっとも二桁成長を連続する中国と相変わらず「失われた20年」が続く日本では、逆転は時間の問題でしかなく、驚くべきことではない。

問題は、中国を目の前にして日本はいかに生きのびるべきかにある。教育に力を入れ「科学技術立国」になるべき、との主張をしばしば目にするが、現実はお粗末きわまりない。文科省の統計ではGDPに占める政府の教育費支出はわずかに3.3%(2010年版、PDF)。経済協力開発機構(OECD)平均の4.9%から大きく遅れをとっている。

一方、中国では学費、住宅購入費、医療費が人生の三つの悩みと言われ、「財政の教育支出が足りない」ことが問題とされてきた。ところがGDPに占める政府の教育費支出は3.48%(2008年)と日本とほぼ同水準。先月29日に発表された「国家中長期教育改革・発展計画綱要(2010~2020)」では4%という目標を掲げるなど、このままいけば日本を上回る計算となる。

Kinbricks now★:お粗末な「科学技術立国」日本=教育でも中国に負ける日は近い

続きは上記ブログで。最近は、「Kinbricks now」のほうでばかり更新しており、ほぼ移転状態に。あちらのブログもご愛顧いただければ幸いです。

テーマ : 海外ニュース
ジャンル : ニュース

プロフィール

chinanews

Author:chinanews
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
07 | 2010/08 | 09
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
Twitter
    follow me on Twitter
    検索フォーム
    リンク
    あわせて読みたい
    あわせて読みたいブログパーツ
    RSSリンクの表示
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。