FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

<W杯>ブラジル相手に実力見せた「人民のルーニー」チョン・テセ

2010年6月15日、サッカー南アフリカW杯グループリーグ・ブラジル対北朝鮮の一戦が行われた。FIFAランキング1位のブラジルと105位と出場32カ国中最下位の北朝鮮。大差が予想されたが、北朝鮮は奮戦。2対1と1点差で惜しくも敗れた。この健闘を中国サッカーファンも高く評価している。

12日は韓国がギリシャを2対0と粉砕。14日は日本がカメルーン相手に金星をあげた。そして15日は北朝鮮の健闘。中国サッカーファンは東アジアの出場国が見せた戦いぶりに注目している。16日午前10時、グーグル中国の急上昇検索ワードランキング1位は、北朝鮮FWの「チョン・テセ」。以下、上位はほとんど北朝鮮・ブラジル戦絡みとなった。

決勝点をあげたDFチ・ユンナムもさることながら、それ以上の注目を集めたのが前線の海外組2人。15日付新民晩報で「北朝鮮人民のルーニー」と紹介されたFWチョン・テセは、Jリーグの川崎フロンターレに所属する在日3世。母は韓国籍だが、北朝鮮代表入りを選択した。そのことを「誇り」に思っているという。スピードはブラジル代表にも通用したと話すチョン・テセ、26歳の若者は英プレミアリーグ移籍という夢を追っている。

もう1人の海外組がホン・ヨンジョ。ロシアリーグのロストフでプレーする、北朝鮮唯一の欧州組で、FIFA公式ウェブサイトでも「北朝鮮のマラドーナ」と紹介された技巧派選手だ。16日付新浪網はカカ、ジウベルト・シウバ、フェリペ・メロなど世界を代表するブラジルの中盤にもひけをとらなかったと絶賛した。データを見ても、ホン・ヨンジュは3回、チョン・テセは6回の突破を記録している。ブラジルのエースであるロビーニョの突破回数は3回と決して見劣りしていない。

チョン・テセとホン・ヨンジュ、プロリーグでプレーする海外組2人は北朝鮮代表を支える支柱となり他の選手の模範として、前評価が低かったチームが尊敬を勝ち取る原動力となった。試合前、北朝鮮国歌を聞きながら大粒の涙をこぼしたチョン・テセ。海外リーグに移籍し中国に舞い戻っても力を発揮できない選手、派閥争いばかり繰り広げている選手、そうした中国代表の選手はこれを見て恥じ入るべきだと新浪網はしめくくっている。

人気ブログランキング   にほんブログ村 海外生活ブログへ
↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑
クリックしていただけると更新の励みになります!!

テーマ : 海外ニュース
ジャンル : ニュース

プロフィール

Author:chinanews
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
05 | 2010/06 | 07
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
Twitter
    follow me on Twitter
    検索フォーム
    リンク
    あわせて読みたい
    あわせて読みたいブログパーツ
    RSSリンクの表示
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。