FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

<サッカー>史上最悪のフェアプレーデー=元Jリーガーも唾吐きで解雇に

ラフプレー、八百長、乱闘騒ぎと問題山積みの中国サッカー(本ブログの関連エントリー)。メディアとファンからの強い批判を受け、中国サッカー協会も対策を始めています。その取り組みの一つがフェアプレーデー。ところが当日の試合はというと大荒れ。選手、スタッフ7人に罰金が科されるなど2009年シーズン最悪の一日となってしまいました。

8日に中国サッカー協会が発表した処分は以下の通り。「これって一年分の事件?」と見まごうほどの大量処分です。

・長春亜泰の劉成選手、出場停止3試合、罰金2万元(約26万7000円)。
ペナルティエリア内で相手選手を突き倒した。



・杭州緑城の王宏有選手、出場停止4試合、罰金2万元。
審判を罵り靴を投げつけたため、レッドカードを受けた。



・上海申花の賈秀全監督、出場停止8試合、罰金2万元。通訳の謝暉氏、出場停止8試合(スタジアム立ち入り禁止2試合、ベンチ入り禁止6試合)、罰金4万元(約53万4000円)。陳涛選手、出場停止4試合、罰金2万元。チームドクターの張鵬氏、ベンチ入り禁止5試合、罰金2万5000元(約33万4000円)。
試合後、審判に執拗な抗議。



・山東魯能のジブコヴィッチ選手、出場停止8試合、罰金4万元。
イラン人審判の判定に不服で唾をはきかけ、レッドカード。山東魯能は同選手との契約解除を発表した。



厳罰路線をとる中国サッカー協会、今シーズンに科した罰金は60万元(約800万円)を超えたそうです。あるサッカー協会関係者は「学がなくて、チンピラ同然の選手を取り締まるのは罰金が一番だ」と述べたそうですが、そういう選手をバカにした態度では問題は解決しないような気が。厳しい処分を科されたジブコヴィッチ選手は以前、Jリーグのジュビロ磐田に所属していましたが、そんなにプレー態度が悪かったイメージがないのですが。「朱に交われば赤くなる」とならないよう、リーグ全体のムードを変えていくしかないのではないかと思います。



人気ブログランキング   にほんブログ村 海外生活ブログへ
↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑
クリックしていただけると更新の励みになります!!!

テーマ : 海外ニュース
ジャンル : ニュース

プロフィール

chinanews

Author:chinanews
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
08 | 2009/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
Twitter
    follow me on Twitter
    検索フォーム
    リンク
    あわせて読みたい
    あわせて読みたいブログパーツ
    RSSリンクの表示
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。