FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

若者だってカンフーサッカー=審判への暴力事件で終身出場停止処分に

各国のサッカーにはその国ごとのスタイルがあるのが面白いところ。サッカージャーナリストの後藤健生氏は、下部リーグではフィジカルの勝負になるのが一般的ながら「日本の3部リーグ(JFLや大学リーグ)は、じつにきれいな(戦術的な)パスサッカーを志しているチームが多い」と日本サッカーを評しています。

素人考えながら、草サッカーにもそうした志向があるのかなと思っています。というのも、中国人とサッカーしたことのある留学生ならばわかってもらえるかもしれませんが、中国人の草サッカーにはカンフーサッカーの影がちらほらと見え隠れするのです。わたしの一番印象深い経験はサイドライン際でジャンボ鶴田ばりのジャンピングニーを食らったこと。コンクリートのコートというデスマッチスタイルだったこともあり、死の影がちらつきました。

というわけで素人サッカーもカンフーである以上、できればさわやかであってほしいユース年代のサッカーももちろんカンフーです。それがはっきりとわかってしまう事件が起きてしまいました。

舞台となったのは2009年7月26日、第11回全国体育大会会男子サッカー(U-20)のグループリーグ、北京代表対天津代表の一戦。天津は引き分け以上でベスト8進出、北京は勝利が必要という天王山の一戦です。一進一退の白熱したゲームだったのですが、次第になにかがおかしくなっていきます。

まずはベンチに座る天津代表選手が審判の判定に文句をいって退場、続いてはやはり天津の選手がイエローカード2枚で退場、そしてきわめつけは天津の選手が倒れた相手の胸にストンピングを決めなんと3人目の退場となりました。試合も3対1で北京が勝利しています。

試合終了後、天津代表選手らの怒りが爆発、群れをなして審判に詰め寄ります。危険を察知した審判は走って逃げようとしますが、そこは将来の中国サッカーを担うエリート選手、行く手を阻むガードマンを華麗なステップで交わしすばらしいダッシュで審判を追い詰め、突き倒します。その走りを試合で見せておけばと嘆いてももはや時既に遅し、審判への暴力事件という大スキャンダルとなりました。

・試合について報じるニュース。試合後の混乱は2分20秒ごろから。


30日、中国サッカー協会規律委員会は天津代表への処分を下します。選手6人に2~3年の出場停止処分、1人が5試合の出場停止、1人が10試合の出場停止。そして審判に暴力を振るった趙世桐選手はなんと終身出場停止処分。20歳の若者のサッカー人生が閉ざされることとなりました。カンフーサッカー根絶に向けたサッカー協会の決意を示したといえば聞こえはいいのですが、プロ選手には下せない厳しい処分を若者に与えることで一罰百戒を狙ったのではないかとも邪推してしまいます。

さて北京対天津のバトルと言えば、本ブログ6月18日付エントリー「「カンフーサッカー」健在なり=「跳び蹴り魔王」の一撃とサポーターの乱闘騒ぎ」で報じた乱闘騒ぎが思い出されるところ。天津側から見れば、北京びいきの審判に試合を壊されたうえに一方的に処分されたと不満でしょう。今後、北京対天津は中国最凶ダービーとしてますます過熱しそうな予感です。



人気ブログランキング   にほんブログ村 海外生活ブログへ
↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑
投票よろしくお願いいたします。

テーマ : 海外ニュース
ジャンル : ニュース

プロフィール

Author:chinanews
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
06 | 2009/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
Twitter
    follow me on Twitter
    検索フォーム
    リンク
    あわせて読みたい
    あわせて読みたいブログパーツ
    RSSリンクの表示
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。