FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最弱日本に2回も負けた?新監督に早くも批判の声―バレーボール女子中国代表

 6月20日、バレーボール女子のトリノ国際大会は決勝戦が行われました。日本代表はポーランド代表と対戦、0-3と1セットも取れずに完敗、準優勝に終わりました。この大会ですが、実は4チーム(日本、ポーランド、中国、イタリア)だけの参加。日本は準優勝といいながら中国にしか勝っていません。

 昨年12月、真鍋政義監督が就任した日本代表ですが、成績から見れば新チームの出だしは絶不調。トリノ国際の前に行われた、スイスのモントルー・マスターズではキューバ、オランダ、イタリア、ポーランドに1セットも取れずに4連敗。トリノ国際でもイタリアに1-3、ポーランドに0-3、1-3と2回負けています。まあ、まだまだチームの形ができていないだけに仕方ないのではないでしょうか。

 さて、この間、日本が勝ったチームはなんと中国代表だけ。というわけで「最弱日本代表に2回も負けた!」と中国では代表批判の声が高まっています。21日付魯中晨報によれば、あるネットアンケートでは半数近くが監督の実力に問題があると回答したそうです。

トリノ国際準決勝・日本対中国戦



 栄光の歴史を誇る女子バレー中国代表の監督には重い重いプレッシャーがついてまわるのは仕方がないところでしょうが、しかしながら中国の蔡斌監督も今年3月に就任したばかり。新たな選手と戦術を試している最中という意味では日本と同条件です。特に2004年のアテネ五輪金メダルをピークに成績が下降、北京五輪では銅メダルにとどまるなどブラジルなど世界トップとの差は開きつつあるとも指摘されています。

 こうした状況のなか、改革という困難な任務を背負ったのが蔡斌監督。誰が指揮しても厳しい試練となるのは間違いないだけに就任100日足らずでの批判は厳しすぎるのではと同情してしまいます。協会幹部やファンが改革の痛みを我慢できるのか?中国女子バレー復活の鍵はそういうところに隠されているのかもしれません。


人気ブログランキング   にほんブログ村 海外生活ブログへ

↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑
投票よろしくお願いいたします。

テーマ : 海外ニュース
ジャンル : ニュース

プロフィール

Author:chinanews
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
05 | 2009/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
Twitter
    follow me on Twitter
    検索フォーム
    リンク
    あわせて読みたい
    あわせて読みたいブログパーツ
    RSSリンクの表示
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。