FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

インストール義務化の検閲ソフトはパクリだった=米企業がソースコード盗用と主張

 10日付エントリー「保護者は大喜び?!中国政府、PCに検閲ソフト搭載義務づけ」でお伝えした中国政府のフィルタリングソフト義務化ですが、予想外の展開が起きました。

米メディアによると、米Solid Oak社はフィルタリングソフト「緑垻-花季護航」が同社ソフトのソースコードを盗用していると発表しました。Solid Oak社の創始者Brian Milburn氏は裁判所に使用差し止めを申し立てる方針を示しています。

米ミシガン大学が11日に発表したリポートもSolid Oak社の主張を支持するもので、「緑垻-花季護航」には盗用されたソースコードが存在することを認めています。その証拠の一つとしてあげられているのが「緑垻」に含まれているウェブサイトのブラックリスト。Solid Oak社のプログラム「CyberSitter」から転用されたことを指摘しています。また同リポートは「緑垻-花季護航」には多くのセキュリティホールが存在しハッカーの侵入を容易に許すため、個人情報が盗まれたりコンピューターウイルスに感染する可能性があると指摘しています。

 国家が独占的に導入したソフトがソースコードを盗用していたというとんでもない事態が発覚しただけに、従来の検閲問題に加えてさらに批判が過熱しそうです。同ソフトはすでに無料ダウンロードが実施されているほか、「家電下郷」(農村向け家電購入補助金)プロジェクトの対象PCにもプレインストール済み。相当数のソフトが使用されていることになるため、もし損害賠償訴訟に発展した場合には請求金額も巨額なものとなる可能性が考えられます。

人気ブログランキング   にほんブログ村 海外生活ブログへ

↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑
投票よろしくお願いいたします。

テーマ : 海外ニュース
ジャンル : ニュース

プロフィール

Author:chinanews
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
05 | 2009/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
Twitter
    follow me on Twitter
    検索フォーム
    リンク
    あわせて読みたい
    あわせて読みたいブログパーツ
    RSSリンクの表示
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。