FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

モテない男たちが頑張った!「彼氏募集」の告知に数千人が結集―四川省成都市

「章萌芊」という一人の女性が中国ネット界を騒がしている。「彼氏募集」という何気ない呼びかけに、モテない男たちが一念発起。数千人が集結し、まるで革命前夜のような熱狂を見せた。

ことの始まりは3月7日の女子大学生デー(中国の学生たちが独自に作り上げた記念日。3月8日の国際婦人デーの前日に催され、男性が女性に告白する日なのだとか)。成都電子科技大学の掲示板に1枚の張り紙が貼られた。その内容は次の通り。

「私は章萌芊。1年の女子学生です。自分は(女性として)かなりの好条件だと思うんですけど、ずっと彼氏ができなくて困っています。もし私と付き合う気がある人がいれば、3月11日の12時半から50分までの間に、5号学生寮の下に来て、私の名前を呼んでくれませんか。私は宿舎の上からこっそり観察させてもらいます。もし自分にふさわしい相手だと思えば、降りていって会いたいと思います。」

何ということもない張り紙に思えるが、女子大学生デーのお祭り気分が抜けきらなかったのだろうか。11日にはなんと数千人ものむさい男たちが結集。野太い声で「章萌芊、章萌芊」と声をからして叫ぶ騒ぎとなった。この愛すべきボンクラ男たちの熱気あふれる写真と動画がネットに公開され、ホットトピックとなった。

・騒ぎを伝える中国のニュース番組


残念ながら熱気とは裏腹に章さんは姿を見せなかった。怖くてでてこれないのも仕方がないところか。そう思ったところに新展開があった。12日、ITポータルサイト・eNetシリコンパワーの取材によると、章萌芊という女子学生は5号宿舎には存在していなかったという。そればかりか、成都電子科技大学は同名の女子学生は在籍していないと返答している。

ネットには章さんの写真が大量にアップされており、もし架空の人物だとすれば、写真はいったい誰のものなのかも分からない。この事件は何だったのか。女子大学生デーの悪ふざけという見方もある一方で、計算づくで引き起こされた事件だったと指摘する専門家もいる。事件直後に大量の写真と動画が出回ったことから、撮影者が新聞社にネタを売るために仕掛けたとの疑惑も浮上し、「人肉捜索」(ネットユーザーが協力して個人情報を特定すること)も実施された。写真を撮影した同大2年の男子学生は「新聞社に友人がいたので、提供しただけ」と否定している。

ネットユーザーとメディアの追求が続くなか、事態は予期せぬ方向に発展しているようだ。ただ集まったさえない男たちの熱意だけは本物だったのではないだろうか。やれ就職難だ、結婚難だから早く彼女を見つけろと、中国男子大学生を取り巻く環境は厳しいが、愛すべきボンクラ学生たちはこのバカすぎるぐらいの元気さで乗り切って欲しい。


人気ブログランキング   にほんブログ村 海外生活ブログへ
↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑
クリックしていただけると更新の励みになります!!

テーマ : 海外ニュース
ジャンル : ニュース

テント事件にネットカフェ事件=止まらない流出アダルト動画人気

本ブログ7月5日付エントリー「いつまで続けるの?若者の「卑わい動画」流出」、7月8日付エントリー「最強釣り記事にネット騒然!女子中学生の妊娠出産=変態同級生が母乳飲む」では中国ネット界で流出動画が話題となっていることを取り上げました。

こうした流れは今も変わっていないようす。12日は株価の急落、芸術家・艾未未(アイ・ウェイウェイ)氏の監禁事件など大きなトピックがありましたが、夜8時時点でのグーグル中国急上昇ランキング上位は流出動画ネタで占められています。

一位となったのはテント事件(混帳門)。雲南省のアウトドアサークルで一つテントに寝た男女が行為に及ぶまでが撮影されたという動画です。女性は結婚したばかりであり夫はサークルを訴えたというエピソードも伝えられています。男女雑魚寝のアウトドアサークルなどけしからんとまじめに論評しているメディアもありますが、本当にあった出来事かは疑問。映像がきれいすぎるので、素人の撮影ではないのではというツッコミもあるようです。ただ誰の身にも起こりえそうなシチュエーションとびっくりするぐらい女性がきれいなことが動画の人気に火をつけたようです。

・テント事件の動画から。
テント事件

テント事件

もう一つ、ランクインしているのがネットカフェ事件(網[口巴]門)。こちらはネットカフェの監視カメラが捉えた映像で、居眠りするネットカフェ従業員や他の客の目も気にせずに店内で行為に及んだという映像とのこと。

アダルトネタのニーズがあるのはどこの国でも一緒でしょうが、さすがに盛り上がりすぎじゃないの?!マスコミが取り上げる必要はあるの?とツッコミたくなる状況です。


人気ブログランキング   にほんブログ村 海外生活ブログへ
↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑
クリックしていただけると更新の励みになります!!!

テーマ : 海外ニュース
ジャンル : ニュース

「オッパイ事件」でネット炎上=落ちこぼれ少年少女の今

世界中どこの国でもネットに炎上は付き物。なかには明らかな自業自得のものや笑うしかないものもありますが、今回お伝えする事件はどうもいたたまれない気持ちにさせられます。

今、中国のネットで話題となっているのが「オッパイ事件」(中国語では摸奶?)。十代の女子生徒が肌もあらわにして胸をもまれている映像が流出しました。個人情報を特定されてしまった女子生徒はネットに自殺を示唆するような文章を残しています。

まずは事件のあらましを。舞台となったのは浙江省慈渓市の慈渓職業高級中学の教室。流出したのは男子クラスメートがよってたかって肌をあらわにした女子生徒の胸をもんでいる映像です。なかには舌でなめている生徒まで。映像では女子生徒もまわりの生徒と普通に話しており、また動画内に「撮影はやめろ」「どうせクラス内で見るだけだからいいだろ」という会話が入っていることから、後に大騒動になるとは想像していなかったようです。

問題はどういう経路かわかりませんが、この画像がネットに流出したこと。たちまち大手ポータルサイトのホットキーワード入りしたほか、Youtubeなど動画共有サイトに転載されました。またBitTorrentなどP2Pダウンロードソフトにも流れています。動画共有サイトやウェブ上の写真はあらかた削除されたようですが、P2Pに流れたものは削除不能でしょう。「日本語で話していたらそのまんまAVだ」とはあるネットユーザーの感想。教室で撮影されたとは思えない赤裸々な映像が衝撃を与えています。

また「人肉捜索」(ネットユーザーの協力により個人情報を暴くこと)により女子生徒のブログが特定されました。6月21日に残されている文章には「わたしはこの世にいるべきではありません。この世を去ることを選ぶでしょう」との文章が残されています。またチャットソフトのコメント欄に残された最後のメッセージは「永遠にネットを見ることはないでしょう。人生に絶望しました」とあり、自殺を示唆するような内容となっています。

授業がまったく成り立っておらず教師を馬鹿にした動画が流出した学級崩壊事件(2007年5月25日付レコードチャイナ)、同級生をいじめて全裸にさせた動画を撮影しネットに流出させた性的いじめ問題、授業中にノートパソコンを使って彼氏とチャットしている女子生徒の動画が流出した事件(2009年5月13日付レコードチャイナ)など、ぱっと思い出すだけでも携帯電話で撮影した動画が流出し話題となった事件がいくつもあります。

日本でも中国の新人類、すなわち「80後(80年代生まれ)の小皇帝」については随分報道されていたように思いますが、「90後(90年代生まれ)」はどんな時代になっているのでしょうか?

自分が知り合った範囲の中国人を見た経験で話せば一流大学に合格できるような、学歴競争に打ち勝ったエリートたちは昔と変わらぬまじめで優秀な子どもたちばかり。ところが一方で学歴競争には乗り遅れたけれどもなんらかの形で進学できるぐらい親はお金を持っている子どもたちも登場しています。勉強にも打ち込めず、かといって特に将来に希望も持てない。こうした若者たちが増えていることは間違いないでしょう。

簡単に言ってしまえば、「経済的に豊かになったことで教育が大衆化した」というだけのことかもしれません。教育の大衆化はどこの国でもあることですし、こうした子どもたちも普通に大人になっていくのでしょう。ただ自分もどちらかと言えば「90後」の子どもより、その親に近い年齢なだけにこうした事件の報道を見るとどうにもため息をつかずにはいられなくなります。

 
人気ブログランキング   にほんブログ村 海外生活ブログへ

↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑
投票よろしくお願いいたします。

テーマ : 海外ニュース
ジャンル : ニュース

大ボラ詐欺師が見せた「社会の真実」=「国家情報局局長」程朝俊―中国ホットワード

中国のポータルサイトではホットワードを表示するサービスが人気です。ここではそのなかからさらに注目のホットワードを紹介します。今日ご紹介するのは「程朝俊」。

2009年5月、北京市海淀区人民法院で、「国家情報局局長」「『国情内参』(高級官僚のみが閲覧を許される機関紙)編集長」の程朝俊を被告とした裁判の判決が言い渡された。程には「北京市の戸籍を取得すると偽り金を受け取った」などの詐欺容疑で懲役10年6か月の刑が下された。

事件のあらましは以下のとおり。2007年10月、中国中央電視台(CCTV)のディレクター・王さんは「国家情報局局長」「『国情内参』編集長」を自称する程と知り合った。外地出身の王さんは北京市の戸籍取得を強く望んでおり、程にその地位を使ってどうにかできないかともちかけた。翌年4月、戸籍の件を催促した王さんに、程は手続き費用として2万4000元(約33万5000円)を要求した。

ところがいつまで待っても戸籍は取得できない。再び催促した王さんだったが、程は王さんを『国情内参』の兼務編集、諜報員として雇いたいともちかけた。その際に書かせた保証書には「国家利益はすべてに優先する。この部門の仕事のために必要であるならば、必ず国家利益のために体をささげる」との一文があった。その後は誰もが予想するところ。ある夜、王さんをホテルに呼び出した程は「テストをしなければならない。まだ結婚してもいないんだし、大丈夫だろ」とささやいて一夜を共にした。

2008年5月、四川大地震が発生した後、王さんは現地での取材を希望していたが、CCTVからは許可が下りなかった。程に相談したところ、「『国情内参』の身分で行けばいい。費用はあとで公費で清算する」と約束された。そこでカメラマンら同僚を現地を訪問、薬や食品など1万元(約13万9000円)相当を寄付した。ところが北京に帰ってみると、清算の件も戸籍の件ものらりくらりとかわすばかり。ついに業を煮やした王さんは警察に通報した。

ここまでの話を読めばだいたい誰もが想像できるだろうが、「国家情報局局長」「『国情内参』編集長」という程の身分は詐称。それどころか「国家情報局」という部局は存在していない。王さんの世間知らずもここに極まれりといったところか。「金も体もだまし取られた」と大々的に報道されているが、もともと「政府高官」という裏口を利用しようとした王さんにも責任がないとは言えない。

さらに鋭い記事を書いているのが『揚子晩報』。「ニセ「国情局局長」が真の「国情」を暴いた」との評論を掲載している。同記事によると、程が暴いた「真の国情」は以下の3点。

(1)北京市の戸籍を取得するには高額な代価が必要であること。CCTVのディレクターという職に恵まれた王さんにあっても、北京市の戸籍を取得するのは容易ではない。今や北京市の戸籍は闇市場で高額の値がついているという。ある報道では市人事局の運転手はこれまで100人に戸籍を売りさばいたとか。

(2)権力者の公費や社会資源を壟断していること。程が一言支払うと約束しただけで、公費での取材旅行が実現すると王さんは信じたわけだが、それも無理からぬところ。程が本当の局長だったならば、何の問題もなかっただろう。戸籍でも公費でも権力者の自由であり、そうした事実が詐欺師の存在を助長している。

(3)女性が自らの体を使って「賄賂」や取引材料とすること、これはもはや暗黙の了解となっている。現実の官僚でも権力を利用して女性を手に入れること、あるいは見返りを期待して女性が体を差し出すことはいくらでもある。

揚子晩報は以上3点は「真実の社会のルール」になっていると断言、不合理な制度を改革し、権力と金、性取引の土壌を消失させなければこうした事態がなくなることはないと主張している。お笑い草であり、かつゴシップのネタでしかないようなこの詐欺事件だが、確かに中国の「現在」をとらえたものだと言えるだろう。

テーマ : 海外ニュース
ジャンル : ニュース

プロフィール

chinanews

Author:chinanews
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
Twitter
    follow me on Twitter
    検索フォーム
    リンク
    あわせて読みたい
    あわせて読みたいブログパーツ
    RSSリンクの表示
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。