FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

移転のお知らせ

ブログ「Kinbricks Now」に移転いたします。

こちらにブックマークをしていただいた方は、お手数ですが「Kinbricks Now」のほうに張り直していただけると幸いです。

ご連絡まで。

大富豪の海外流出!?4人に1人が移民準備を完了

現在、中国には移民ブームが到来しているという。かつては将来の成功を夢見た若者たちが留学生や労働者として海外にわたるケースが主流だったが、現在の移民ブームは違う。中国で成功した大富豪が中国本土から資産を持ち出し、海外に移住するケースが増えているという。

2011年7月30日、池袋で開催された不動産フェアでは、1億元(約12億円)以上の投資資産を持つトップ級大富豪の4分の1以上が移民投資を済ませているという、衝撃的な数字が披露された。

代表的な日本の中国語新聞「日本新華僑報」の単国宏副編集長が明かしたもので、アメリカ、カナダ、オーストラリアなど永住権をもらえる国が移住先になっているという。国際的な事業の拡大やリスク分散、子供への教育などがその目的だ。

現状、投資移民制度がない日本は主要な移民先になっていないが、今後、日本資産の価値が再評価される可能性は十分にあると、単副編集長は指摘する。3月の東日本大震災でもビル倒壊がほとんどなかったことから、日本不動産の品質、耐震性の評価が改めて高まったという。

原発問題もあり、香港上海銀行が非居住者向けの融資をストップするなど警戒感も根強いが、中国からの近さ、洗練された観光資源を有していることなどの特長を生かして、中国富裕層の対日不動産投資回復に結びつけて欲しいと期待を表明した。

また、単副編集長はまた中国不動産のバブル崩壊説についても触れ、「成長を通じて資産価格の割高感、または資産価格の低下による債務超過を解消することができる」と日本のバブル経済との違いを指摘した。指導者がバブル崩壊の危険性をよく理解していることもあり、また社会主義国として政府の市場コントロール能力が高いことなどを考えても、崩壊は起きないだろうとの見方を示した。

自重ぷりーづ!「中国様やりすぎwww」と思わずびびる資料図―ブログ「ゆめみがちサロン」から

2chまとめブログ「ゆめみがちサロン」のエントリー「【中国】 水不足なのでダム作って水をせき止める 下流の近隣国「ふざけんなやコラ!」」が面白いっ!

20101010_shuibei


中国領土内のメコン川沿線ダムを示した写真が紹介されていますが、見ると「やりすぎ注意www」と思わず2chネラー風に草を生やして(やぼったく説明すると、(笑)を意味するwをつけること)吹き出していしまいます。


Kinbricks Now:自重ぷりーづ!「中国様やりすぎwww」と思わずびびる資料図―ブログ「ゆめみがちサロン」から

移転しました。続きは上記ブログで。いずれ完全移転する予定ですので、ブックマークしていただいている方は、「Kinbricks Now」に変更していただければ幸いです。

<本日の動画>大魔神佐々木並の落差にやられた!カワイイ系女子のワイルド反日ラップ

日本の尖閣抗議デモに関する記事でも書こうかと思って中国語Twitterを漁るが、面白い書き込みは皆無。中文ニュースをRTした日本人の書き込みが多いし。ここは切り札の中国ツイッタークローン「新浪微博」だと漁ってみると、こちらも反応薄い。日本のデモを伝える香港テレビ局のニュースが「河蟹」(ネット検閲)されたらしいけど、要らなかったんじゃね?と思う次第です。

でも、代わりにすんごいネタを見つけたのでご紹介!まずはこの動画を見てください!面倒な人は50秒からでいいから!




Kinbricks Now:<本日の動画>大魔神佐々木並の落差にやられた!カワイイ系女子のワイルド反日ラップ


移転しました。続きは上記ブログで。いずれ完全移転する予定ですので、ブックマークしていただいている方は、「Kinbricks Now」に変更していただければ幸いです。


「日本に感謝」の記事が消えた?!「中国政府」内部の暗闘

急患船員を東京に緊急搬送=中国大使館が日本側に感謝

【北京時事】新華社電によると、東京の中国大使館は2日、太平洋を航行していた中国の貨物船で9月30日、中国人乗組員が急病で治療が必要になり、日本の海上保安庁などの支援で東京の病院に搬送されたことを明らかにした。大使館は日本側に謝意を表明した。

貨物船から救助を求める緊急通報を受け、日本側は海保の巡視船や海上自衛隊の航空機、ヘリコプターを日本から東に約1900キロ離れた海域に派遣。東京の病院に入院した乗組員の容体は安定しているという。

9月7日に尖閣諸島(中国名・釣魚島)沖で海保の巡視船と中国漁船が衝突した後、東シナ海では日中双方が監視を強化するなど、緊張が高まっている。一方で、冷え込んだ日中関係の改善を模索する動きもあり、新華社の報道はその流れを反映したものと言えそうだ。



「対日強硬姿勢も一段落か、ほっ」と思った人が多かったのでしょう。Yahoo!ニュース海外ランキングでは現在(3日午後5時)、この件を伝えた産経の記事がトップ。私も中国関連のお仕事をしている身として、ちょっと喜んだ1人です。

で、新華社の元記事を確かめようとググってみたら、なんと思わぬ展開にっっっ!!!

Kinbricks Now:「日本に感謝」の記事が消えた?!「中国政府」内部の暗闘

移転しました。続きは上記ブログで。いずれ完全移転する予定ですので、ブックマークしていただいている方は、「Kinbricks Now」に変更していただければ幸いです。
プロフィール

Author:chinanews
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
08 | 2016/09 | 10
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
Twitter
    follow me on Twitter
    検索フォーム
    リンク
    あわせて読みたい
    あわせて読みたいブログパーツ
    RSSリンクの表示
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。